忍者ブログ
ITニュースの保管箱
[161] [160] [159] [158] [157] [156] [155] [154] [153] [152] [151]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日立GSTが、プラッタ3枚で500Gバイトの「Deskstar T7K500」を発表した。記録密度を高め、従来の500Gバイトモデルからプラッタを2枚減らした。

 日立グローバルストレージテクノロジーズ(日立GST)は4月12日、HDD「Deskstar」シリーズの3.5インチ型新製品として、プラッタ(円板)×3枚構成で容量を500Gバイトとした「T7K500」を今年7~9月期に量産出荷すると発表した。


T7K500
 1月に発表した同容量の「7K500」は1プラッタ当たり100Gバイト×5枚構成だった(関連記事参照)。新製品は記録密度を118Gビット/平方インチに高め、1枚当たりの容量を160Gバイトに拡大してプラッタ数を減らした。量産性が高まり、コスト削減や信頼性向上にもつながるとしている。7K500はローエンドサーバ向けなどに継続販売する。

 回転数は毎分7200回転。平均シークタイムは8.5ミリ秒。Parallel、Serialの両ATAインタフェースに対応でき、Serial ATAの最大転送速度は毎秒300Mバイト。HDD内部の温度センサーによる温度監視などを行う「Thermal Fly Height Control」(TFC)技術を搭載した。

 同様の仕様でプラッタ1枚・容量160Gバイトの「7K160」も発売する。(2006.4.12/IT Media)
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新トラックバック
(09/29)
(09/29)
(09/29)
(12/10)
(12/08)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索