忍者ブログ
ITニュースの保管箱
[216] [215] [214] [213] [212] [211] [210] [209] [208] [207] [206]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 松下電器産業は19日、都内で開幕した薄型テレビ関連の展示会「ファインテック・ジャパン」で、薄型テレビ(液晶、プラズマ)として画面サイズが世界最大となる103型のプラズマテレビを年末にも発売することを明らかにした。

 103型は50型をほぼ4台並べた大きさ。横約2・3メートル、縦約1・3メートルと、セミダブルベッドに匹敵する。現在、国内で市販されている最大の薄型テレビは65型で、面積はこの2・5倍ほどになる。価格は未定だが、数百万円となる見通しだ。

 テレビの画像規格で最も高画質なフルハイビジョンに対応し、ホームシアターや、街頭や空港など公共施設のモニター画面としての利用を想定している。

 薄型テレビ市場では大画面化競争が活発で、韓国のサムスン電子なども102型のプラズマ画面を開発している。
(2006.4.19/読売新聞)
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
(09/29)
(09/29)
(09/29)
(12/10)
(12/08)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索