忍者ブログ
ITニュースの保管箱
[225] [224] [223] [222] [221] [220] [219] [218] [217] [216] [215]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 沖電気工業などは4月19日、電池なしで動作する温度センサーRFIDタグを世界で初めて開発し、10月から試験販売すると発表した。荷物の中に入れておけば、開封せずに内部の温度を検知・記録でき、商品輸送時の温度管理を向上できるとしている。

 読み取り端末から受ける電波で給電する仕組みの「パッシブ型」。同社と日本郵船系のNYKロジスティックスジャパン、HILLSの3社で共同開発した。温度を検知してLSIに記録し、データは専用端末でPCなどに取り込める。

 電池が不要な上に防水設計とし、長期間繰り返して利用できるのが特徴。通常のRFIDタグのように、受け取り・引き渡し日時などをメモリに記録することも可能だ。

 今後、メーカーや物流業界で試用してもらった上で実用化する予定。来年3月の量産出荷開始を計画し、2008年度までに100万個の販売を見込んでいる。

(2006.4.20/ITmediaニュース)
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新トラックバック
(09/29)
(09/29)
(09/29)
(12/10)
(12/08)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索