忍者ブログ
ITニュースの保管箱
[142] [141] [140] [139] [138] [137] [136] [135] [134] [133] [132]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



東芝は10日、HDDオーディオプレイヤー「gigabeat」の新シリーズ、「gigabeat S30」3モデル、「gigabeat S60V」1モデルを発表した。発売は4月28日から。搭載ハードディスクドライブ容量はそれぞれ「S30」が30GB、「S60」が60GB。東芝Web直販価格で、「S30」が36,000円、「S60V」が46,000円となっている。

このSシリーズは、本体OSにWindows Mobile software for Portable Media Centerを採用。同社のポータブルオーディオ製品としては初めて動画再生に対応した。Windows Media Video形式(フレームサイズ:QVGA、フレームレート:30fps、ビットレート:800kbps以下)の再生が可能だ。さらに、最大9,000×6,000ピクセルのJPEG画像も表示できる。PCから本体へのオーディオ、動画、静止画ファイルの転送は、Windows Media Player 10で行える。音楽配信サイトで利用されている著作権保護システムWindows Media DRMにも対応し、配信されたオーディオファイルを本体へ転送して視聴することもできる(対応配信サイトは現在動作確認中)。

音質の面では、九州工業大学ヒューマンライフIT開発センターの協力による「H2Cテクノロジー」を搭載。この技術により、WMAやMP3などのオーディオデータ圧縮に際してカットされる約16kHz以上の高音域を補完することができるという。再生できるオーディオ形式は、WMA、WMA 9 Lossless、MP3、WAVの4形式。

連続再生時間は、3時間程度の充電で、オーディオ約12時間、動画約2.5時間となっている(H2Cテクノロジー使用の再生や、WAVオーディオデータやWMA 9 Losslessの再生は消費電力が増えるため、さらに短くなる)。

このほか「S60V」のみの機能として、FMラジオチューナーを内蔵。さらにヘッドフォン端子がVideo Out端子を兼ねている。

色は「S30」がピアノブラック、ピュアホワイト、クリムゾンレッドの3色。「S60V」はピアノブラックの1色のみ。




(2006.4.10/MYCOM PC WEB)
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
(09/29)
(09/29)
(09/29)
(12/10)
(12/08)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索